カードローンによって返済方式が異なります。

金利が同じでも、返済方式によっては利息額が変わることがあるのです。

なぜ返済方式によって利息額が変わるのか、理由を知りたい方は次をご覧下さい。

○ カードローンの返済方式

カードローンには元金定額リボルビング方式や、元利定額リボルビング方式などの返済方式があります。

毎月の元金部分が一定額のまま返済できるのが、元金定額リボルビング方式です。

一方、元利定額リボルビング方式では毎月の元金+利息部分が一定額のまま返済できます。

一定額なのが元金部分なのか、元金+利息部分なのかという違いです。

○ 同じ金利でも利息額が変わる理由

元金定額リボルビング方式のほうが当初の返済額が多めですが、その分だけ早く完済できます。

元利定額リボルビング方式のほうが当初の返済額が少なめのため楽ですが、その分だけ完済までが長くなります。

同じ金利でも、元金定額リボルビング方式のほうが利息額を抑えやすいです。

借入額が大きいと、意外と大きな利息額の差になるため、カードローンの返済方式は意外と重要となっています。

カードローンには残高スライドリボルビング方式という返済方式もあります。

借入残高によって毎月の最小返済額(元金+利息)が変動していく返済方式です。

1円から10万円までで毎月3,000円、10万1円から20万円までで毎月5,000円のように変動します。

最小返済額のために返済が楽になりやすいですが、その代わりに元金部分が少ないため、利息額が増えやすい返済方式です。

○ まとめ

カードローンで利息額を抑えるには、どの返済方式でも返済期間をいかに減らすかにかかっています。

特に元利定額リボルビング方式や残高スライドリボルビング方式の場合は、なるべく追加返済して返済期間を短くしたいところです