金利は固定金利と変動金利の2種類に分けられます。

状況によってどちらがお得になるか違いますので、事前に知ってから借りたいところです。

今回は固定金利と変動金利について紹介いたします。

○ 固定金利がお得な状況は?

将来金利が上下しても、ずっと変わらないのが固定金利です。

金利が上がったとしても、毎月の返済していく額は変わらないため、安心感があります。

金利が下りきっており、将来上がると予測した時に選ぶとお得なのが固定金利です。

ただし、全く時期が同じ場合、変動金利より固定金利のほうが高めの金利設定となります。

金利が上がりきった状況で、固定金利を選ぶと損することが多いです。

○ 変動金利がお得な状況は?

一方、金利の上下によって、変わっていくのが変動金利です。

金利が上がりきっており、将来下がると予測した時に、選ぶとお得なのが変動金利となります。

しかし、変動金利では金利が上がってしまうと毎月の返済していく額が増えてしまうのです。

多少の金利上昇なら問題ないことが多いですが、金利が急上昇すると返済が困難になりかねません。

住宅ローンでは、5年ルールや125%ルールを設定している場合があります。

金利が変動しても5年間変わらないのが5年ルール、金利が大きく変動しても返済額が125%超えないというルールです。

ある程度ではありますが、5年ルールや125%ルールで金利変動リスクを抑えられます。

○ まとめ

将来金利が上がるなら固定金利、将来金利が下がるなら変動金利が有利です。

しかし、将来の金利を予測することは難しくなっています。

ただし、現在の日本は超低金利が続いているため、固定金利のほうがお得になる可能性は高いです。